車 買取

下取り価格との差にビックリしました!

ディーラー下取りの前にご検討ください。
これが車を高く売る方法です。
>>>かんたん車査定ガイド
知ってるのと知らないのとではこんなにも差がでるとは思いませんでした。

走行距離と買取価額は関係あるの?

 

走行距離と買取価額の関係

 

走行距離は、その車がどれだけ使われたのかを知る手掛かりになります。
ですから車を査定する際に、走行距離も買取額を決める要素となるわけです。

 

 

 

走行距離が多ければ車の買取価格は安くなるし、逆に走行距離が少なければ
買取価格も下げられずに済む、とは素人考えでも想像はつきやすいと思います。

 

 

一般的には、3万、5万、10万キロが、買取価格が下がっていく段階の目安とは言われています。
走行距離5万キロを過ぎたところで多走行車、10万キロを過ぎれば過走行車、
といった呼ばれ方もされていました。

 

 

 

使い込んでいる車だと寿命も短いだろうから買い手も付かない、
だから買取価格も抑えられるのです。しかし、これは昔ながらの
常識ではあるのかもしれません。

 

走行距離だけで買取価格は決めていない

 

なぜならば今の車の場合、例えばエンジンにしても耐久性も上がっていますから、
単に走行距離だけを見て寿命を決められません。

 

 

 

たとえ走行距離が長くても、しっかりメンテナンスされているのであれば、
10万キロ超えの過走行車でもしっかり動いてくれます。

 

 

現在での中古車買取では、どれだけ使われたのかということよりも、
動くのか動かないのか、それを重視する傾向があります。

海外にも中古の日本車が販売されていることが、
大きく関係しているでしょう。

 

 

 

動くのか動かないのか、それを車の買取の際に重視するということでは、
走行距離が少ない車でも買取額が下がる場合が出てきます。

 

 

特に長い間放置されたままだと、ゴム製の部品の劣化も進んでいたり、
金属部品にはサビが浮いていることもあり、車のコンディションが悪いこともあるからです。

 

 

 

そのため、車を買取する業者にしても、動作に不安があるということで、
その車の買取価格を下げてくるのです。

 

 

 

>>>買取の流れ

無料一括査定できる会社はこちら

1位 かんたん車査定ガイド

>>>公式サイトはこちら<<<

45秒で概算価格を算出!
一流業者による安心査定!!
最大10社から査定を受けることができ最高買取価格が分かります(・∀・)b

>>>公式サイトはこちら<<<

2位 ズバット車買取比較

>>>公式サイトはこちら<<<

下取りより査定額が平均16万円アップ!!
年間75万台の中古車買取データにより買取り相場がわかります。
地域都道府県ごとの評判・口コミが確認できます。

>>>公式サイトはこちら<<<

3位 カービュー

>>>公式サイトはこちら<<<

全国買取ネットワークによる査定
2016年6月時点で総申込者数400万人
最大8社からあなたの条件に合った査定会社が選べます!

>>>公式サイトはこちら<<<

4位 カーセンサー

>>>公式サイトはこちら<<<

都道府県、郵便番号、五十音から店舗検索できます。
数社の見積りを比較して最高額で売却できます!

>>>公式サイトはこちら<<<

5位 Goo買取

>>>公式サイトはこちら<<<

利用者数300万人(2016年11月時点)
実際に車を売却した方たちのレビューが参考になります!

>>>公式サイトはこちら<<<