車 買取

下取り価格との差にビックリしました!

ディーラー下取りの前にご検討ください。
これが車を高く売る方法です。
>>>カービュー
知ってるのと知らないのとではこんなにも差がでるとは思いませんでした。

走行距離と買取価額は関係あるの?

 

走行距離と買取価額の関係

 

走行距離は、その車がどれだけ使われたのかを知る手掛かりになります。
ですから車を査定する際に、走行距離も買取額を決める要素となるわけです。

 

 

 

走行距離が多ければ車の買取価格は安くなるし、逆に走行距離が少なければ
買取価格も下げられずに済む、とは素人考えでも想像はつきやすいと思います。

 

 

一般的には、3万、5万、10万キロが、買取価格が下がっていく段階の目安とは言われています。
走行距離5万キロを過ぎたところで多走行車、10万キロを過ぎれば過走行車、
といった呼ばれ方もされていました。

 

 

 

使い込んでいる車だと寿命も短いだろうから買い手も付かない、
だから買取価格も抑えられるのです。しかし、これは昔ながらの
常識ではあるのかもしれません。

 

走行距離だけで買取価格は決めていない

 

なぜならば今の車の場合、例えばエンジンにしても耐久性も上がっていますから、
単に走行距離だけを見て寿命を決められません。

 

 

 

たとえ走行距離が長くても、しっかりメンテナンスされているのであれば、
10万キロ超えの過走行車でもしっかり動いてくれます。

 

 

現在での中古車買取では、どれだけ使われたのかということよりも、
動くのか動かないのか、それを重視する傾向があります。

海外にも中古の日本車が販売されていることが、
大きく関係しているでしょう。

 

 

 

動くのか動かないのか、それを車の買取の際に重視するということでは、
走行距離が少ない車でも買取額が下がる場合が出てきます。

 

 

特に長い間放置されたままだと、ゴム製の部品の劣化も進んでいたり、
金属部品にはサビが浮いていることもあり、車のコンディションが悪いこともあるからです。

 

 

 

そのため、車を買取する業者にしても、動作に不安があるということで、
その車の買取価格を下げてくるのです。

 

 

 

>>>買取の流れ