車 買取

下取り価格との差にビックリしました!

ディーラー下取りの前にご検討ください。
これが車を高く売る方法です。
>>>カービュー
知ってるのと知らないのとではこんなにも差がでるとは思いませんでした。

車の査定でチェックされる項目

 

査定のチェック項目

 

車を高額で買取してもらいたい場合、チェックされる項目をクリア
出来れば可能ではないか、と考えるでしょう。ならば、車を査定される際に、
どんな点をチェックされるのか、その項目が気になることでしょう。

 

 

 

車を査定してもらう場合、大抵はその車の標準状態での買取価格を基本として、
そこから増減したものを実際の査定額とすることが多いです。

 

 

 

買取してもらう車が標準状態に近いものならば、
基本価格からあまり離れることなく、
高額買取が期待出来ます。

 

 

車の査定でチェックされる項目は、どれだけ標準状態から離れているか、
といったことを基本
とするはずです。車の標準状態を具体的に言えば、
外装や内装に傷が無く、サビや洗車したくらいでは落ちない汚れが無い、

 

 

 

エンジンや足回りは動作に支障無し、タイヤの溝は1.6ミリ以上、
走行距離数は年あたり1万キロで軽自動車ならば年あたり8000キロの数値、
事故や改造されたことが無く、車検の残りは3ヶ月以内、というものです。
この7つが、査定する車が標準状態であるかのチェック項目です。

 

買取価格がプラスになる項目

 

車の買取査定では、金額がプラスとなる項目もチェックされるでしょう。
このあたりは実際の需要や各買取業者の基準とも関係してくるので、
決まったものではありませんが、例えば純正オプションをつけていると
プラス査定になると言われます。

 

 

社外パーツの場合でも、車の買取価格が上がる場合もあるようです。
また、エンジンをオーバーホールしたなど、車の寿命を延ばすような整備歴があると、
手入れされている車ということで、査定額がプラスされることも多いです。

 

 

 

これに関連して、定期点検整備記録簿も用意できるとよろしいでしょう。
車の買取額がマイナスになるようなチェック項目だけでなく、プラスになる項目も、
しっかりチェックしてもらえるはずです。

 

 

 

>>>出張中古車査定のメリット・デメリット